トヨタ ウィンダム 買い取り・査定情報

ウィンダムの車種画像
最高売却価格
70万円
買い取り価格相場(平均)
30.8万円
オンライン見積り時間
最短30秒
査定業者数
30社

オススメの査定業者! カーセンサー

紹介査定業者数が業界No1の2000社以上

メールのみの連絡を希望できる

最大30社に査定依頼できるから高額査定がでる

ウィンダムを高く売るやり方の目次

ウィンダムの査定で高い価格で売るやり方

ウィンダムを売るときに下記のポイントを知っておくだけで、査定価格を10万円以上高くすることが可能なんです。
車の状態が良ければ、10万どころか20万以上も高く売ることが可能です。

ポイントは簡単で3つです。

高く売るための方法

  • ディーラーでの下取りをしないこと
  • 近くの買取店や1業者だけの見積もりで売却しないこと
  • 複数から見積をもらい、その中から1番高い買取業者に売ること

どうでしょうか。3つのポイントを守ろうと思うと意外と大変だということに気づきましたでしょうか。
でも、これが大変ではないのです。

私はめんどくさがりなので、ウィンダムを売る時に面倒くさいこと(交渉や移動)などはなるべくしたくないと思いいろいろ情報を調べたのですが、楽にウィンダムの現在の高額価格を引き出す方法を見つけました。

それは、一括無料査定サービスというインターネット上のサービスを利用するというものでした。

一度入力した愛車のデータを買取専門店に送り、各々から貴方の車を買い取る場合は、この価格でお願いします。という連絡が入ります。

その中から1番高い買取金額を提示した買取専門店にウィンダムの売却を決定すれば、それだけでただ下取りだけを依頼している時と比べて10万円以上は違っていると思います。

ちなみにこのサービスの利用にはお金も面倒な個人情報の登録も必要ありません。アカウントとかないですからね。
なので、必要な愛車情報をサーっと入力して送信するだけ。

  • メーカー名:トヨタ
  • 車種タイプ:セダン
  • 車種名:ウィンダム

本当に簡単に高く売ることができますから、まだ試していない方は、この機会に一度お試しをー。
ただ愛車の今の価値を知りたい。相場を知りたいという方も利用してみると面白いですよ。

セダンタイプにオススメの一括無料査定サイトのランキング

  • 相場を知りたい!
  • 愛車の本当の買取価格を知りたい!
  • 高く売りたい!

このような思いを抱いているウィンダムを乗られている皆さんにぜひオススメしたい一括査定サービスのサイトのランキングです♪
車の買取に関する全体の買取ランキングを見たい方は左のリンクよりどうぞ

一括買取査定サービスに申し込んだら、その間に貴方の愛車の状態をより良くしときましょう!査定額アップ間違いなしですよ

カーセンサー

最大30社に一括査定を依頼することができます。貴方の愛車をより高く売るにはカーセンサーが断然オススメですね!査定を依頼する時の入力も非常にかんたんなので、手軽に利用できる点もGOODです。お住まいの住所を入力すれば、近くにある買取可能な買取業者に査定を依頼できます。また全国の買取りにも対応しており、外車もOKです。取り敢えず利用しておきたい一括査定サービスです。

楽天オート

楽天ユーザーには嬉しいのが、査定を利用することで『楽天ポイント』を得ることができます。依頼できる買取業者はどこも大手と安心できますし、高額査定も多く出ているためおすすめです。

ズバット車買取比較

ズバット車買取の最大の特徴は、一括査定を申し込む前に自分の車の相場が分かる。ということです。いくらくらいで売れるのかな?と興味本位で知りたい方は、こちらを使いましょう。更にあなたの車の状態を見てもらい査定額を知りたいなら無料の一括査定に申し込むだけです。申し込み前に「売りたい車種の相場」と「何月に高く売れるか?の将来の相場推移」が見れます。

最近のウィンダムの相場価格

最近のウィンダムの買取金額を一覧にまとめてみました。こちらの情報である程度貴方の愛車がいくらで売れるのか?わかってくると思います。 ウィンダムの買取相場価格を参考までにご覧下さい。

大まかなウィンダムの相場価格はコチラ ↓ ↓
30.8万円
平均の買い取り相場なので、ばらつきはあります。参考程度にしてください。

それでは最新のウィンダム相場一覧表をご覧下さい。
下記から貴方の愛車と一致しそうな状態のものを見つけておおよその価格を得てください。

2004年3.0G 20万円 75000~80000
2003年3.0G 7万円 65000~70000
2000年 4万円 90000~100000
1996年 3.7万円 100000~110000
1994年 70万円 140000~150000

車を高く売りたいなら無料一括査定を試してみよう!

私が車を売る際、複数の買取会社に査定依頼をお願いしましたが、
一番高い会社と一番低い会社の差が20万円以上にもなりました。
これだけの差が出るのですから見積りは多くの会社に依頼し、比較するべきです。

一括査定のカーセンサー

私が利用したのはカーセンサー。
無料都道府県別に複数の会社に査定依頼をすることが出来ます。

手続きも3分で完了!
自宅にいながら手軽に一括査定、比較・検討ができるのでおすすめですよ!

車の売却・査定・下取りが初めての方へ!車を高く売るための重要なコツ、チェックポイントを紹介

トヨタのウィンダムの良い所と悪い所のまとめ

ウィンダムの良い所、悪い所を再確認しよう!ウィンダムの購入を検討している方や、手放そうかな?新しい車の購入に伴い売却しようかな?と考えている人に参考になるように、ウィンダムの良い点・悪い点をまとめてみました!購入や売却の参考にしてください。

新しい車の購入に伴い、売却の場合は下取りではなく、上でオススメしている一括無料査定サービスを一度利用して貴方の愛車ウィンダムの本当の売値を知りましょう

ウィンダムの良い点!購入時に選ぶ上での加点ポイント

外観
  • 全体的に高級感があり、上品な外観で落着いた感じの車。
  • 美しいボディデザイン。購入の決め手はボディデザインに惹かれたから、というケースが多い。
  • 特にフロントマスクのデザインが特徴となっており、印象的。
  • 製造販売終了した現在でもボディデザインがカッコイイと、評価が高い。
室内
  • 木目調の上品で高級感のあるインテリア。
  • 純正革シートは感動する座り心地の良さ。オーディオの音の良さにも定評有り。
  • 広いトランク。トランクのスペースがゆったりとしていて、買物やゴルフなど家族や仲間たちとの外出にも便利。
価格
  • 現在は既に製造販売終了。当時の新車販売価格は、約336万円~410万円未満程度。(消費税込)
走行性
  • 優れた静粛性でエンジンの音はとても静か。
  • ロードノイズもあまりせず、外の音に対しても遮断性があり、静かで穏やかに走行。
  • 満足度の高い安定性。高速走行時でもふらつかず、しっかりとした安定感。
  • 加速機能が優れており、高速道路でも安定した心地よい加速感。
乗り心地
  • ゆったりしたスペースで心地よい居住性。
  • 長距離でも疲れを感じることなく運転できる。
  • 静かで安定した走りが心地よい。
故障が少ない
  • 長年乗っていても、故障が少なく、丈夫でしっかりした車。
  • 時代のせいもあるのか、全体的にしっかりしていて、頑丈な造り。

総評

  • とても運転しやすい車として定評有り。2006年まで製造販売されましたが、現在は中古車のみの流通。安い価格で入手できるのが魅力。 操作がしやすく、静粛性や加速、走行性能など、非常に優れており、安定走行。 いったん手にしたらなかなか手放せない存在です。 まさに知る人ぞ知る、逸材的な車です。

ウィンダムの悪い点!購入時に選ぶ上での減点ポイント

外観
  • ボディが大きいので、小回りがきかず、狭い道などではひと苦労。
  • 後部が見にくいので、慣れるまでは大変。
室内
  • 後方の視界が悪い。
  • ボディが大きいので、後方が見づらいです。バックモニターもない。
  • バックカメラの取り付けも難しい感じ。
燃費
  • 燃費は9.8km/!ぐらい。
  • 燃費がかなり悪いです。ハイオクで、費用がかかることもマイナスポイント。
  • 特に街中走行時には悪い。

総評

  • 悪い点の第1は燃費の問題。特に街中を走る時には燃費の悪さを実感。 次はボディの大きさによる、小回りのきかない点と後方の視界。 特にバックで駐車する時には苦労するケースが多い。 対策としてバックモニターもなく、バックカメラの取り付けも難しいようです。

ウィンダムのカタログ・スペック情報

ウィンダムのカタログ、スペック表になります。

ウィンダムのスペック表
車種名ウィンダムメーカートヨタ
車種グレード3.0 G Limited Edition車両本体価格389
ボディ形状中大型セダンドア数4
駆動方法FF車両型式MCV30
全長×全幅×全高(mm)4865×1810×1455室内長×室内幅×室内高(mm)2025×1510×1185
ホイールベース(mm)2720トレッド前・後(mm)1545/1535
トランスミッション5AT最小回転半径(m)5.6
車両重量(kg)1530乗車定員(名)5
総排気量(cc)2994使用燃料プレミアムガソリン
最高出力(ネット PS/rpm)215/5800燃料タンク容量(L)70
燃料消費率(km/L)9.8タイヤサイズ(前・後)215/60R16・215/60R16

ウィンダムの雑学!車の由来・意味・歴史

ウィンダムはトヨタ自動車が1990年代から2000年代にかけて製造・販売を手掛けていた乗用車である。その名称は正式な英単語に由来するものではなく、「勝利する」の「WIN」と、「状態」の「DOM」を組み合わせ、「WINDOM」とし、「勝っている状態」を表現したとされる。

本来、レクサスのアナザーモデル「ES」として日本国外で販売されていたが、日本国内で販売するにあたりウィンダムという呼称がつけられた。

開発はバブル景気の最中であり、三菱自動車のディアマンテにインスパイアされて開発された高級志向の乗用車である。ターゲットは日本国外、なかんずく北米市場であり、開発ベースは北米で販売されていたセプター(カムリの北米モデル)であった。車体はクラウンを参考にしており、ほぼ同じサイズであった。

二代目への代替わりにおいてカーナビやエアバッグ、衝突安全ボディといった安全性能を高める装備を連ねることで更に高収入層への訴求力を高めたとされる。

三代目ウィンダムの悲劇

三代目ウィンダムはカムリをベースにし、室内空間にゆとりを持たせることで大きな方針転換を図ったが、それまでのシャープな外見に魅力を持つ層が反発し、エクステリアの充実や高い安全性能を以ってしてもそうした評判を覆すことはできず、車種としての立ち位置もクラウンの下位互換として認識されるなどの不遇に遭い、やがて販売停止となった。

ウィンダムを高く売るのに有益な様々な方法