貴方の愛車<SAI>の相場、本当の売値を知る!
無料で査定♪かんたん入力でスグに知れる。

カーセンサーでSAIを査定

SAIを高く売るやり方の目次

SAIの査定で高い価格で売るやり方

SAIを売るときに下記のポイントを知っておくだけで、査定価格を10万円以上高くすることが可能なんです。
車の状態が良ければ、10万どころか20万以上も高く売ることが可能です。

ポイントは簡単で3つです。

画像

たったこの3点を守るだけで、SAIの査定価格はグーンとアップします。
簡単なことなので、ぜひやってくださいね。

とお伝えするだけですと、「たくさん見積りを貰うって大変だし、手間!」と思われた方いませんか?
私も面倒くさいな!と思います。時間かかっちゃいますからね…

そこで利用するのが、一括無料査定サービスです。
ネット上で貴方の愛車の必要な情報を送ると無料で査定額が知れちゃいます。

  • メーカー名:トヨタ
  • 車種タイプ:セダン
  • 車種名:SAI

すごく簡単な上に実際に買取してくれるSAIの査定額のおおよその金額を教えてくれます。
簡単ってどれくらい簡単かというと、30秒や1分で入力が終わっちゃいます。それで後は複数の買取業者から買取価格が来るのを待つだけです。

セダンタイプにオススメの一括無料査定サイトのランキング

相場を知りたい! 愛車の本当の買取価格を知りたい! 高く売りたい! このような思いを抱いている皆さんにぜひオススメしたい一括査定サービスのサイトのランキングです♪
カーセンサー

最大30社から見積りが届きます♪貴方の愛車をより高く売るにはカーセンサーが断然オススメですね!査定を依頼する時の入力も非常にかんたんなので、手軽に利用できる点もGOODです。お住まいの住所を入力すれば、近くにある買取可能な買取業者に査定を依頼できます。また全国の買取りにも対応しており、外車もOKです。取り敢えず利用しておきたい一括査定サービスです。

カービュー

老舗中の老舗のカービュー。普通の車だけでなく、廃車になった車や水没車までOK!更に商用車もOKと非常に査定取扱車種が多いのが特徴です。カービューに査定情報を送ると5分もしない内に買い取り業者から連絡を貰えたと、非常にスピーディーな対応です。

かんたん車査定ガイド

スッキリとした入力フォームでお年寄りや女性の方でも簡単に査定を依頼することができ、とても親切な作りをされています。簡単査定ですが、最大10社から見積りが届き、その最低金額と最高金額の差は数十万円以上も差が出ることがザラです。簡単に相場を知れ、査定を受けることができるので、オススメ!

最近のSAIの相場価格

最近のSAIの買取金額を一覧にまとめてみました。こちらの情報である程度貴方の愛車がいくらで売れるのか?わかってくると思います。 SAIの買取相場価格を参考までにご覧下さい。

トヨタのSAIの良い所と悪い所のまとめ

SAIの良い所、悪い所を再確認しよう!SAIの購入を検討している方や、手放そうかな?新しい車の購入に伴い売却しようかな?と考えている人に参考になるように、SAIの良い点・悪い点をまとめてみました!購入や売却の参考にしてください。

新しい車の購入に伴い、売却の場合は下取りではなく、上でオススメしている一括無料査定サービスを一度利用して貴方の愛車SAIの本当の売値を知りましょう

SAIの良い点!購入時に選ぶ上での加点ポイント

外観
  • 高級感のある重厚なデザイン
  • カラーは、落ち着いた感じのラインナップ。
  • 乗る人を選ばないシックな仕上がり。
  • 取り回しが良く、狭い道路や省スペースの駐車場でも運転しやすい。
室内
  • 高級感のあるインテリア、上品で落ち着きのある居住性。
価格
  • 新車販売価格は338.0万円~437.0万円(消費税込)
  • ハイブリッドカーとしては高級クラス。
燃費
  • 燃費は21km/!、セダンとしては低燃費で魅力的。
走行性能
  • セダンらしい走りを追及して、2.4Lエンジンを搭載。結果システム出力140kwを実現。
  • 満足の行く加速性能に。
乗り心地
  • 静粛性に優れ、穏やかで落ち着いた乗り心地
  • エンジン音や振動が少なく、ゆったりとした乗り心地。
装備
  • 安全運転支援機能など装備が充実。
  • 万一の事故などに備え、運転者にも歩行者にも安心できる機能を装備。
環境配慮のハイブリッドカー
  • 排気、室内の材質など、環境に優しい配慮。

○環境を考慮したハイブリッドカー。静粛性に優れ、ゆったりとした乗り心地で、燃費の良さが魅力。
セダンタイプの車は、どうしても大型の傾向。しかしSAIは取り回しが良く、狭い道路や省スペースの駐車場でも快適運転。

SAIの悪い点!購入時に選ぶ上での減点ポイント

室内
  • 後部座席が窮屈。
  • 定員5名(カタログ)の割に、後部座席に背の高い人やがっしりした男性が座ると4人でも狭い。
視界の悪さ
  • 前方・後方の視界の悪さ。
  • 助手席の着座位置が高く、前方の視界(特に左の助手席側)が狭い。
  • 後部の視界が狭く、見づらい。
内装の質感
  • 内装が価格の割には全体が安っぽい感じ。シートも座り心地が固い感触。
価格
  • 少し高いと感じる価格。敢えてSAIを選ぶ必要性がないかもしれない。
燃費
  • 燃費は特に冬場ヒーター使用時などは、燃費多めに消費。時期や運転により多少変動。
走行性
  • 操作性としては、固定ナビの操作がしづらい。
  • ルート検索が他のナビと比較してレベルが低い。ちょっとイライラしてしまうことも。
  • ノイズの問題が2つ。1つは、ブレーキを踏む時に電車が止まる時のような不快な音。
  • もう1つは、走行時のロードノイズ。エンジン音が静かで、大きく感じるロードノイズ。
  • そして最初、特に気になる点は、走りだしの重さ。その後少し加速後、解消。
乗り心地
  • シートが固い感触。

×総合的に価格の割には内装、燃費も満足感低いケースが多い。
前方、後部の視界が狭いため、運転時は要注意。
ブレーキの音や走り出しの重い感じが気になる。
価格が高いと感じる分、不安や不満に感じることが有り。

SAIのカタログ・スペック情報

SAIのカタログ、スペック表になります。

SAIのスペック表
車種名SAIメーカートヨタ
車種グレード2.4 S Lセレクション車両本体価格321.9
ボディ形状中大型セダンドア数4
駆動方法FF車両型式AZK10
全長×全幅×全高(mm)4605×1770×1495室内長×室内幅×室内高(mm)2040×1505×1210
ホイールベース(mm)2700トレッド前・後(mm)1535/1530
トランスミッションCVT最小回転半径(m)5.2
車両重量(kg)1570乗車定員(名)5
総排気量(cc)2362使用燃料ハイブリッド
最高出力(ネット PS/rpm)150/6000燃料タンク容量(L)55
燃料消費率(km/L)24タイヤサイズ(前・後)205/60R16・205/60R16

SAIの雑学!車の由来・意味・歴史

SAIはトヨタ自動車が製造・販売を手掛ける乗用車である。ハイブリッド専用車両であり、プリウス以来12年ぶりとなるハイブリッド専用車となる。車名は「才」「彩」などのキーワードが開発コンセプトであったことに由来し、「SAI」となった。

基本構造はHS250hと共通しており、事実上の姉妹車である。外観は特にそれが顕著であるものの、内装は大きな変化が見て取れる。特にエレクトロマルチビジョンとリモートタッチ機構はトヨタブランドとして初搭載している。

本来のSAIのコンセプトは「小型高級セダン」であったが、ハイブリッドカーとしての開発方針が固まるとクラウンハイブリッドとプリウスの間の層を狙った車種としてトヨタの戦略に組み込まれた。2009年に発表され、カラーバリエーションを増やすと言ったマイナーチェンジに加え、車両接近を歩行者に知らせる装置の搭載やいわゆる「スポーツドライブモード」の追加による走行性・操作性のアップなど多くの技術が投資されている。

環境へ配慮したSAIの内装

SAIの内装は50%以上が植物(トウモロコシやサトウキビ)由来のプラスチック(バイオプラスチック)製である。環境に循環する性質を持つバイオプラスチックは廃車後や廃棄後も再度同様のプラスチックを製造することができるため、今後の活用が注目される素材であり、SAIのプリウスと異なる特徴の一つとして認知されている。

SAIを高く売るのに有益な様々な方法