貴方の愛車<ハリアー>の相場、本当の売値を知る!
無料で査定♪かんたん入力でスグに知れる。

カーセンサーでハリアーを査定

ハリアーを高く売るやり方の目次

ハリアーの査定で高い価格で売るやり方

ハリアーを高く売るにはいくつかのポイントを押さえることが重要になります。
ハリアーを相場よりも安く業者に売ってしまう人は、よく1店舗だけの査定額で売ったり、何も知らず、調べずにディーラー下取りに出したりと大変な損をしています。
本当は貴方の愛車は高く売れたのに、ポイントを知らなかったばかりに、安く買い取られてしまう。そんな悲しいことにならないためにも下のポイントとサービスを利用してください。

ポイントは簡単で3つです。

3つのポイントで高くハリアーを売る

たったこの3点を守るだけで、ハリアーの査定価格はグーンとアップします。
簡単なことなので、ぜひやってくださいね。

たったこの3つを抑えるだけで、10万円以上も査定額が変わるので、ぜひ参考にしてください。

そして、一番重要な『今のあなたの車の価値を知る』には、無料で利用できる一括無料査定サービスを利用しましょう。
ほとんど手間いらずで現在の価格を知ることができます。一括無料査定サービスの流れは、まず必要なハリアーの車種データをインターネット上のサイトに入力するだけ。あとは、近所の複数の中古車買取専門店から現在の車の価値を教えていただけるので、それを参考にして他の店舗に交渉しても良いですし、その買取価格の中で1番高いところに売ってもOKです。

この相場を知らずに、売るのだけは本当に損をするのでやめましょう。
下は、簡単な査定サービスのやり方です。

  • メーカー名:トヨタ
  • 車種タイプ:SUV
  • 車種名:ハリアー

入力する時に不明な点は、不明としておけばOKですよ。
一度入力してみてください。それで送信するだけで、しばらく待っているとメール等で大体の査定額が届きます。
希望する方は、それからハリアーの訪問査定へと進んで買取金額が気に入れば売却となってお金をゲットです。

SUVタイプにオススメの一括無料査定サイトのランキング

ハリアー相場を知りたい!
愛車の本当の買取価格を知りたい!
高く売りたい!

このような思いを抱いているハリアーを乗られている皆さんにぜひオススメしたい一括査定サービスのサイトのランキングです♪
車の買取に関する全体の買取ランキングを見たい方は左のリンクよりどうぞ

カーセンサー

査定サービスのランキング1位カーセンサー
ランキング1位のカーセンサーでハリアーを高く売る

最大30社もの買取専門店から見積りを貰えるカーセンサー。査定業者同士が、勝手にハリアーの査定価格を吊り上げてくれるから交渉せずに高額買取が可能♪

カーセンサーの詳細や特徴を更に見たい方へ

カービュー

ランキング2位のカービュー
ランキング インしたカービューでハリアーの現在の価値を見よう♪

信頼できる一括無料査定サイトのカービュー。200万人を超える実績のあるサービス。買取サービスって心配。不安。ちょっと今のハリアーの相場を見たい。という方にオススメ

カービューの詳細や特徴を更に見たい方へ

楽天オート

査定サービスのランキング3位楽天車査定
楽天オートでハリアーの買取価格をチェック!今ならポイント貰える

楽天オートでカンタンに車の査定♪今なら3000ポイント貰えるキャンペーン中

楽天車査定の詳細や特徴を更に見たい方へ

一括買取査定サービスに申し込んだら、その間に貴方の愛車の状態をより良くしときましょう!査定額アップ間違いなしですよ

最近のハリアーの相場価格

最近のハリアーの買取金額を一覧にまとめてみました。こちらの情報である程度貴方の愛車がいくらで売れるのか?わかってくると思います。 ハリアーの買取相場価格を参考までにご覧下さい。

大まかなハリアーの相場価格はコチラ ↓ ↓
4.3万円~196.0万円
かなり幅がありますが、走行距離や車の状態に大きく左右されるためこのような結果に。

それでは最新のハリアー相場一覧表をご覧下さい。
下記から貴方の愛車と一致しそうな状態のものを見つけておおよその価格を得てください。

トヨタのハリアーの良い所と悪い所のまとめ

ハリアーの良い所、悪い所を再確認しよう!ハリアーの購入を検討している方や、手放そうかな?新しい車の購入に伴い売却しようかな?と考えている人に参考になるように、ハリアーの良い点・悪い点をまとめてみました!購入や売却の参考にしてください。

新しい車の購入に伴い、売却の場合は下取りではなく、上でオススメしている一括無料査定サービスを一度利用して貴方の愛車ハリアーの本当の売値を知りましょう

ハリアーの良い点!購入時に選ぶ上での加点ポイント

外観
  • 高級感があり、上品でありながら、野性的な強さも併せ持つ風格。
  • 車名は、タカ科のチュウヒという鳥の英名に由来。その名の通り、タカの本能的強さと速さと反応の機敏さを予感させるボディ。
  • 初代1997~2003年のモデルは、6代目のカムリを窺わせるフォルム。SUVと高級セダンを融合させたデザイン。
  • 2代目は、2003年にフルモデルチェンジ。ハイブリッドカーも販売。以降2012年までは、丸みを帯びたフォルムが印象的。
  • 3代目は、2013年冬に発売予定。よりシャープでスピード感と野性を感じる強さをダイナミックに表現したフロント部分が印象的。詳細は以下のHPにて。 (http://toyota.jp/sp/newharrier/
室内
  • 高級感がある内装。
  • 室内は、水に強く、耐久性もあるアルカンターラと言うスウェード調の合皮を使用。
  • 高級感と防水と防汚対策を兼ね備え、機能的で感触もよく、美しさを感じる造り。
  • 荷室が広く、大きい荷物など収納面で便利。
  • 視界が広く、安全面でも、ドライブ面でも機能的。
  • インパネなどのインテリア、その他随所で、高級感と上質さを感じる造り。
価格
  • 現在2代目モデル販売終了したばかり。価格は約267万~571万円(消費税込)程度で、グレード別にかなりの差がある。
  • 全体的な造りからして260~300万円台なら買ってみようかなと思う範囲かも。
走行性
  • 高速では静かで、加速もスムーズ、安定した走行。
  • 長時間運転しても、疲れにくい。 
乗り心地
  • 静粛性が高く、穏やかで快適な乗り心地。
装備
  • 音声認識可能なハードディスクナビゲーションシステムが便利。
  • パワーバックドアが便利。

○静粛性も高く、高速を走行時でも静かで、安定した走りを実感。
広く、ゆったりした居住性で快適な乗り心地。
2013年冬に新しいモデルが発売になるので、要検討。

ハリアーの悪い点!購入時に選ぶ上での減点ポイント

室内
  • 後方の視認性が悪い。バックモニターなどつけた方がより安全。
価格
  • 400~500万円以上のグレードは、かなり高額。
  • 2013年冬に3代目が発売になるので、新モデルの機能と比較検討した方が良い。
燃費
  • 9.0~11.0km/!とかなり燃費は悪い。
経済性
  • 燃費も含めて、税金や維持費が高額になり、負担に感じる。
  • ハイオク指定なので、その面でもコストがかかる。
走行性
  • エンジン性能に不満。
  • 車体が重いので、エンジンのパワー不足を感じる。特に4人乗車し、高速走行時など。
  • エンジン音の不快感。特に出だしの唸るような音、スピード80km以下で走行中の大きな音がとても気になる。でも80kmを超えると音がしなくなる。
  • エンジンが原因と思われる、信号待ちのダイヤなどの振動とこもるような音など。
装備
  • ナビが使いにくい。

×エアコン、ナビ等が一つのマルチモニターになって装備されているので、ナビの交換が難しい。

ハリアーのカタログ・スペック情報

ハリアーのカタログ、スペック表になります。

ハリアーのスペック表
車種名ハリアーメーカートヨタ
車種グレード240G車両本体価格254
ボディ形状SUVドア数5
駆動方法FF車両型式ACU30W
全長×全幅×全高(mm)4735×1845×1680室内長×室内幅×室内高(mm)1990×1500×1210
ホイールベース(mm)2715トレッド前・後(mm)1575/1560
トランスミッション4AT(シーケンシャルシフト)最小回転半径(m)5.7
車両重量(kg)1600乗車定員(名)5
総排気量(cc)2362使用燃料レギュラーガソリン
最高出力(ネット PS/rpm)160/5600燃料タンク容量(L)72
燃料消費率(km/L)11タイヤサイズ(前・後)225/65R17・225/65R17

ハリアーの雑学!車の由来・意味・歴史

ハリアーはトヨタ自動車が製造を行う乗用車である。

SUVの中でもクロスオーバーSUVに分類され、かつ高級車としてブランディングがなされている。車名はタカ科の鳥である「HARRIER」に由来する。

特徴はSUVとしては珍しい水平的なモデルと、やはりSUVとしては異例の快適性や乗り心地の良さである。こうした特徴にも関わらず加速性や運動性能は十分に担保されており、今日に至るまで高級SUVとして確固たる位置を占めてきた。

初代ハリアーは1997年に発表され、間もなくエンジン周りと装備全般を充実させた二代目も販売されたが、この時代にレクサス版ハリアーとも呼べる「レクサスRX」が日本市場へ参入した(※当時日本国外ではレクサスの一モデルとして販売されていた)。

そして三代目の誕生と共に、二代目のモデルチェンジ版であるハリアーハイブリッドを吸収し、レクサスとは完全に別系統の車種としてアイデンティティを獲得している。

クロスオーバーSUV

ハリアーはSUVとしては異例のモノコック構造を有している(通常のSUVはフレーム構造である)。スポーツやオフロード専用としての側面を持つSUVがおざなりにしがちな市道や公道における快適さ、燃費の良さなどを追及したモデルであり、ハリアーの台頭はそれ以降のSUVというジャンルに多大な影響を与えている。

ハリアーを高く売るのに有益な様々な方法