貴方の愛車<クラウン>の相場、本当の売値を知る!
無料で査定♪かんたん入力でスグに知れる。

カーセンサーでクラウンを査定

クラウンを高く売るやり方の目次

クラウンの査定で高い価格で売るやり方

より高く、自分が想像していた価格よりも高い値段でクラウンを売りたくありませんか?
このページに訪れた方は、きっとそのような高く車を売る方法を調べていた方だと思います。

結論から入りますと、中古車を高く売るには、まず以下の3つポイントを抑えて欲しいのです。

ポイントは簡単で3つです。

3つのポイントで高くクラウンを売る

たったこの3点を守るだけで、クラウンの査定価格はグーンとアップします。
簡単なことなので、ぜひやってくださいね。

上の3つポイントどうでしたでしょうか。
考えると簡単な事ばかりですが、これを実行しようと思うと大変な苦労をします。

そこで、上の3つのポイントを踏まえた上でこの方法を利用してください。
無料で1~3分ほどの作業で、現在の貴方のクラウンの価値がわかります。
非常に簡単かつ、スムーズに車を高く売れますので、当サイト1番のオススメの方法になります。

基本的に入力する内容は、下のような簡単な車種情報ですので、難しいことはありません。
わからない場合も不明としておけばOKです♪

高額で中古車を売りたい!という方は、ぜひ上の方法をご利用ください。

  • メーカー名:トヨタ
  • 車種タイプ:セダン
  • 車種名:クラウン

本当に少しのクラウンの情報を入力するだけで買取価格が知れちゃいます。
楽ちんです♪ 新車で買ったクラウンが今3年目だけどどれくらいの価値になったのかな~?と疑問に思っちゃいますよね!
私結構気になるタイプで暇な時に見たりしてます。

もちろん相場を知るだけじゃなくて高く売りたい!という方にこそ利用してほしいサービスなんですけどね。
サービスに入力した後は、複数の買取専門店からの査定額の中から1番高い値段のところに決めれば、簡単に楽に高い価格で売ることができます。
クラウンを高く売りたいなら利用してみましょう。

セダンタイプにオススメの一括無料査定サイトのランキング

クラウン相場を知りたい!
愛車の本当の買取価格を知りたい!
高く売りたい!

このような思いを抱いているクラウンを乗られている皆さんにぜひオススメしたい一括査定サービスのサイトのランキングです♪
車の買取に関する全体の買取ランキングを見たい方は左のリンクよりどうぞ

カーセンサー

査定サービスのランキング1位カーセンサー
ランキング1位のカーセンサーでクラウンを高く売る

最大30社もの買取専門店から見積りを貰えるカーセンサー。査定業者同士が、勝手にクラウンの査定価格を吊り上げてくれるから交渉せずに高額買取が可能♪

カーセンサーの詳細や特徴を更に見たい方へ

カービュー

ランキング2位のカービュー
ランキング インしたカービューでクラウンの現在の価値を見よう♪

信頼できる一括無料査定サイトのカービュー。200万人を超える実績のあるサービス。買取サービスって心配。不安。ちょっと今のクラウンの相場を見たい。という方にオススメ

カービューの詳細や特徴を更に見たい方へ

楽天オート

査定サービスのランキング3位楽天車査定
楽天オートでクラウンの買取価格をチェック!今ならポイント貰える

楽天オートでカンタンに車の査定♪今なら3000ポイント貰えるキャンペーン中

楽天車査定の詳細や特徴を更に見たい方へ

一括買取査定サービスに申し込んだら、その間に貴方の愛車の状態をより良くしときましょう!査定額アップ間違いなしですよ

最近のクラウンの相場価格

最近のクラウンの買取金額を一覧にまとめてみました。こちらの情報である程度貴方の愛車がいくらで売れるのか?わかってくると思います。 クラウンの買取相場価格を参考までにご覧下さい。

大まかなクラウンの相場価格はコチラ ↓ ↓
3.4万円~288.1万円
かなり幅がありますが、走行距離や車の状態に大きく左右されるためこのような結果に。

それでは最新のクラウン相場一覧表をご覧下さい。
下記から貴方の愛車と一致しそうな状態のものを見つけておおよその価格を得てください。

トヨタのクラウンの良い所と悪い所のまとめ

クラウンの良い所、悪い所を再確認しよう!クラウンの購入を検討している方や、手放そうかな?新しい車の購入に伴い売却しようかな?と考えている人に参考になるように、クラウンの良い点・悪い点をまとめてみました!購入や売却の参考にしてください。

新しい車の購入に伴い、売却の場合は下取りではなく、上でオススメしている一括無料査定サービスを一度利用して貴方の愛車クラウンの本当の売値を知りましょう

クラウンの良い点!購入時に選ぶ上での加点ポイント

外観
  • 1955年の誕生から14代目のクラウンが2012年に登場。
  • 当初のコンセプトを継承しつつ、新時代への対応を考慮した性能とデザイン。
  • 威厳を感じさせる大きなボディ。現在はクラウンセダン、ハイブリッドカーのクラウンアスリートとクラウンロイヤルの3つのクラウンシリーズが中心。
  • 重厚で高級感があり、時代に左右されない上品なデザイン。細かい所にまで気遣ったこだわりの車。
室内
  • 高級感があり、落着いた感じの内装。ゆったりとしたくつろぎの居住性。
  • 視界が広く、すっきりしていて運転しやすい車です。
静粛性
  • ロードノイズなど余り感じることもなく、非常に優れた静粛性。
  • 長年クラウンが高級車の地位を確立して来た理由のひとつ。
価格
  • 現行のクラウンセダンは266.7万円~295.2万円程度、現行クラウンアスリートは357.0万円~575万円、クラウンロイヤルサルーンは353万円~536万円。(全て消費税込価格)
燃費
  • クラウンセダンは、9.8km/!、ハイブリッドのロイヤルサルーンシリーズは、10.2~23.2km/!、クラウンアスリートは、9.6~23.2km/!。
  • それぞれグレードや、運転状況により、異なる。
走行性
  • ずっしりとしたボディで安定感のある走行。
  • 高速道路でも安定した走りを実感。
乗り心地
  • 広々としてゆったりした造りで長時間乗っても、疲れにくく、穏やかな乗り心地。
  • 静粛性に優れ、高速でも風切音等ほとんど感じることがなく、風などで揺らぐこともなく安定した走行。
  • 特に後部座席は瀬粛清と座り心地が上質で、憧れの存在として長年君臨してきた理由に納得。

○「白いクラウン」、「いつかはクラウン」というかつての名コピーに見られるように、クラウンのキャッチコピーが時代をけん引していた頃から、みんなの一種の憧れの存在。
高級感溢れるボディとカラーの佇まいが、周囲からも一目置かれる存在、それがクラウン。それだけに乗り心地、静粛性は当初から現在に至るまで最上級クラスと言えるのではないでしょうか。
現在では多くの車種が存在し、支持率が低下したものの、丁寧な作りは、乗る人に心地よいドライブを提案して来ました。
正に日本のモノ作りの原点と言えるかもしれません。

クラウンの悪い点!購入時に選ぶ上での減点ポイント

燃費
  • 最近の車と比較すると、車体が大きいこともあり、燃費が悪い時も有り。
視界
  • フェンダーミラーは顔や首を動かさず、確認できてよいですが、視界が限定されているので不便。
ブレーキ
  • ブレーキが弱く、効きが甘い。

×2013年発売の新型はハイブリッドカーで燃費が良い、一方、それ以前の型は燃費が余り良くない。
更にブレーキが弱い感じ。

クラウンのカタログ・スペック情報

クラウンのカタログ、スペック表になります。

クラウンのスペック表
車種名クラウンメーカートヨタ
車種グレード3.5 ハイブリッド Gパッケージ車両本体価格590.5
ボディ形状中大型セダンドア数4
駆動方法FR車両型式GWS204
全長×全幅×全高(mm)4870×1795×1470室内長×室内幅×室内高(mm)2060×1520×1205
ホイールベース(mm)2850トレッド前・後(mm)1535/1535
トランスミッションCVT(シーケンシャルシフト)最小回転半径(m)5.2
車両重量(kg)1840乗車定員(名)5
総排気量(cc)3456使用燃料ハイブリッド
最高出力(ネット PS/rpm)296/6400燃料タンク容量(L)65
燃料消費率(km/L)15.8タイヤサイズ(前・後)225/45R18・225/45R18

クラウンの雑学!車の由来・意味・歴史

クラウンはトヨタ自動車の代表的な高級車名およびそのブランドである。

英語の「王冠(CROWN)」がネーミングの由来である。その名の通りトヨタ自動車、ひいては日本国内における高級車の代名詞的存在であり、高い品質と信頼性により社用車、官公庁向けの公用車、業務用車両としても採用されている。

開発は戦後間もない1950年代であり、アメリカの高級車からの影響を強く受けつつも国外メーカーとの共同開発ではない日本独自の設計によるものである。時代背景として道路の未舗装が乗用車にとって大きな障害であったが、それを克服する走破性能を備えていたことも特徴的であった。

14代に渡る代替わりの度にランプ、スタイルといった外観はもちろん、安全性や信頼性といった性能にも様々なアプローチが試みられ、当時の市民にとっての高級車であり続ける開発が繰り返された。

険しい道のり

バブル最盛期には大衆車として不動の人気を誇ったカローラすら追い抜く販売実績を誇るクラウンであったが、その経歴は必ずしも華々しいものばかりではない。

初代クラウンはトヨタ初の対米輸出車となったが、馬力が圧倒的に不足しており、当時のアメリカの地理に性能が見合わず、安定性にも難があるため撤退を余儀なくされた。

14代続く代替わりの際もデザイン、信頼性、安全性など様々な角度から非難を浴びることがあり、セドリックやレジェンドといった対抗車種に遅れをとることもあった。これらの経緯からクラウンは様々な試行錯誤が繰り返されている。

これはクラウンが時代時代の消費者における高級車像を余すところなく反映したことにも一因があるとされ、最高級車両であるがゆえの苦悩であるとされている。

クラウンを高く売るのに有益な様々な方法