トヨタ センチュリー 買い取り・査定情報

センチュリーの車種画像
最高売却価格
406.7万円
買い取り価格相場(平均)
46.1万円
オンライン見積り時間
最短30秒
査定業者数
30社

オススメの査定業者! カーセンサー

紹介査定業者数が業界No1の2000社以上

メールのみの連絡を希望できる

最大30社に査定依頼できるから高額査定がでる

センチュリーを高く売るやり方の目次

センチュリーの査定で高い価格で売るやり方

センチュリーを高額で売るには、基本的に以下の3つを守ってください。 それ以外の方法で高値を引き出すのは、相当難しく交渉が得意と自信を持って言える方しか出来ないかと思います。

ポイントは簡単で3つです。

高く売るための方法

  • ディーラーでの下取りをしないこと
  • 近くの買取店や1業者だけの見積もりで売却しないこと
  • 複数から見積をもらい、その中から1番高い買取業者に売ること

この3つのポイントを守る為に実際に複数の買取店を周って査定してもらうのは面倒です。 連絡を一店舗ずつするのも大変面倒。

なので、インターネットのサービスを利用します。 このやり方を使用すれば、自宅のPCやスマホで簡単にセンチュリーを査定できます。

しかも交渉が不得意の方でも簡単に無料で、センチュリーを高く売ることが出来るのです。 このインターネットサービスの名前は『中古車の一括無料査定サービス』といいます。 聞いたことありますか?結構最近では有名になっています。 やり方は下の通り。

  • メーカー名:トヨタ
  • 車種タイプ:セダン
  • 車種名:センチュリー

入力する時に不明な点は、不明としておけばOKですよ。
一度入力してみてください。それで送信するだけで、しばらく待っているとメール等で大体の査定額が届きます。
希望する方は、それからセンチュリーの訪問査定へと進んで買取金額が気に入れば売却となってお金をゲットです。

セダンタイプにオススメの一括無料査定サイトのランキング

  • 相場を知りたい!
  • 愛車の本当の買取価格を知りたい!
  • 高く売りたい!

このような思いを抱いているセンチュリーを乗られている皆さんにぜひオススメしたい一括査定サービスのサイトのランキングです♪
車の買取に関する全体の買取ランキングを見たい方は左のリンクよりどうぞ

一括買取査定サービスに申し込んだら、その間に貴方の愛車の状態をより良くしときましょう!査定額アップ間違いなしですよ

カーセンサー

最大30社に一括査定を依頼することができます。貴方の愛車をより高く売るにはカーセンサーが断然オススメですね!査定を依頼する時の入力も非常にかんたんなので、手軽に利用できる点もGOODです。お住まいの住所を入力すれば、近くにある買取可能な買取業者に査定を依頼できます。また全国の買取りにも対応しており、外車もOKです。取り敢えず利用しておきたい一括査定サービスです。

楽天オート

楽天ユーザーには嬉しいのが、査定を利用することで『楽天ポイント』を得ることができます。依頼できる買取業者はどこも大手と安心できますし、高額査定も多く出ているためおすすめです。

ズバット車買取比較

ズバット車買取の最大の特徴は、一括査定を申し込む前に自分の車の相場が分かる。ということです。いくらくらいで売れるのかな?と興味本位で知りたい方は、こちらを使いましょう。更にあなたの車の状態を見てもらい査定額を知りたいなら無料の一括査定に申し込むだけです。申し込み前に「売りたい車種の相場」と「何月に高く売れるか?の将来の相場推移」が見れます。

最近のセンチュリーの相場価格

最近のセンチュリーの買取金額を一覧にまとめてみました。こちらの情報である程度貴方の愛車がいくらで売れるのか?わかってくると思います。 センチュリーの買取相場価格を参考までにご覧下さい。

大まかなセンチュリーの相場価格はコチラ ↓ ↓
46.1万円

『一括査定利用した場合』と『下取り価格』の平均差額は、20.5万円(全車種平均)と圧倒的に一括査定を利用したほうが高く売れます。

それでは最新のセンチュリー相場一覧表をご覧下さい。
下記から貴方の愛車と一致しそうな状態のものを見つけておおよその価格を得てください。

グレード 3万キロ 7万キロ 10万キロ
2013年4月発売 406.7万円 338.8万円 310.3万円
2010年7月発売 225.9万円 158.7万円 130.4万円
2007年12月発売 87.6万円 25.0万円 0.0万円

車を高く売りたいなら無料一括査定を試してみよう!

私が車を売る際、複数の買取会社に査定依頼をお願いしましたが、
一番高い会社と一番低い会社の差が20万円以上にもなりました。
これだけの差が出るのですから見積りは多くの会社に依頼し、比較するべきです。

一括査定のカーセンサー

私が利用したのはカーセンサー。
無料都道府県別に複数の会社に査定依頼をすることが出来ます。

手続きも3分で完了!
自宅にいながら手軽に一括査定、比較・検討ができるのでおすすめですよ!

車の売却・査定・下取りが初めての方へ!車を高く売るための重要なコツ、チェックポイントを紹介

トヨタのセンチュリーの良い所と悪い所のまとめ

センチュリーの良い所、悪い所を再確認しよう!センチュリーの購入を検討している方や、手放そうかな?新しい車の購入に伴い売却しようかな?と考えている人に参考になるように、センチュリーの良い点・悪い点をまとめてみました!購入や売却の参考にしてください。

新しい車の購入に伴い、売却の場合は下取りではなく、上でオススメしている一括無料査定サービスを一度利用して貴方の愛車センチュリーの本当の売値を知りましょう

センチュリーの良い点!購入時に選ぶ上での加点ポイント

外観
  • 堂々として落ち着いた威厳を持ったボディ。
  • 洗練された流線形が、加速した時の姿をより美しく魅了する。
  • 重厚で高級感溢れる、トヨタ国内最高級レベルの車。
  • カラーは、しっとりとしたダーク系中心。
室内
  • ゆったりとした広めの空間で、高級感があり上品な内装。
  • ビジネスで疲れた体を癒す細やかな機能と工夫を装備。
  • 例えば後部座席専用、エアコン調節可能。その他パワーシートやオーディオの操作も可能。
価格
  • かなり高額な1219万円(消費税込)という価格。北海道地区では、寒冷地仕様の費用も加算され、1222万6750円(消費税込)と更に高額。
  • 個人で所有するというよりは、企業や団体として所有するケース多々有り。
乗り心地
  • とても穏やかで静か。高速道路でも安定していてゆったりとした乗り心地。
静粛性
  • エンジンの音は静かで、その他のロードノイズもほとんど気にならない。
走行性
  • 路面を滑るような感じで、落ち着いて安定した走り。
希少性
  • 国内で最高級レベルの存在として、長年君臨。希少性が高いために、より価値を上昇。

総評

  • 希少性の高い最高レベルの車。それだけに外観、内装共に高級感と上品さを兼ね備えた佇まい。静粛性が高く乗り心地もゆったり。 一種のステイタス性と、後部座席に乗る方への敬意と、おもてなしの精神が込められている車。

センチュリーの悪い点!購入時に選ぶ上での減点ポイント

価格
  • 国産車で最高レベルではありますが、価格が高いと感じるケース多い。
燃費
  • 燃費は、7.6㎞/!とかなり悪い。
  • ハイブリッドではない、他車と比較しても悪い。
維持費
  • 燃費、税金、保険などかなりの維持費が必要。
走行性
  • ボディの大きさが大きく運転しづらい。
  • ブレーキが弱い感じ。
座り心地
  • イメージと価格の割には、座り心地が悪い気がする。
  • 山道などの起伏が激しいカーブなど、路面の状態が悪い道路を走行するのは、苦手。
部品
  • 希少性の高い車だけに、年数を重ねると部品が高く、手に入れるのもひと苦労。

総評

  • 最高級レベルの存在位置ですが、価格としては大変高額。 運転を楽しむという種類の車ではなく、誰かのために運転するというおもてなしのために利用されることが多い車。 走行性は安定感がありしっかりとした走りですが、街中を走ることが多い前提なのか山道のカーブなど悪条件の路面には不向きだと思われる。

センチュリーのカタログ・スペック情報

センチュリーのカタログ、スペック表になります。

センチュリーのスペック表
車種名センチュリーメーカートヨタ
車種グレード5.0 コラムシフト車両本体価格1150
ボディ形状中大型セダンドア数4
駆動方法FR車両型式GZG50
全長×全幅×全高(mm)5270×1890×1475室内長×室内幅×室内高(mm)2045×1605×1185
ホイールベース(mm)3025トレッド前・後(mm)1575/1575
トランスミッション6AT最小回転半径(m)5.7
車両重量(kg)2070乗車定員(名)5
総排気量(cc)4996使用燃料プレミアムガソリン
最高出力(ネット PS/rpm)280/5200燃料タンク容量(L)95
燃料消費率(km/L)7.8タイヤサイズ(前・後)225/60R16・225/60R16

センチュリーの雑学!車の由来・意味・歴史

センチュリーはトヨタ自動車が製造・販売する日本国内向けの乗用車である。 その名前は初代モデル発表が1967年(明治100年)であることに由来している。

当初のコンセプトはアメリカ製高級車が席巻する日本市場でクラウンの上位車種としてのポジションを獲得することであり、重厚なデザインと短めのヘッドライト、手動変速機など当時の流行から外れた設計が特徴的である。なお、センチュリーは30年間モデルチェンジを経ることはなかったことでも知られる。

1997年に二代目センチュリーが発表された。これは外見こそ初代とほぼ同一でありながら内部システムや機能に最先端の技術を取り入れたデザインであり、初代後期のセンチュリーと見分けがつかなかったとも言われる。また、溶接や各種部品の意匠に極めて多くの職人による手作業が入っており、トヨタ自動車に多いシステマチックな工程を経ていないことも高級感の演出に一役買っていると評価される。

高級車としてのセンチュリー

センチュリーは明確に高級車としてのコンセプトを基に製造されており、企業や官公庁で社用車として利用されることが多く、霊柩車や富裕層向けの自家用車などの需要もある。

しかし近年では特に官公庁の人間がこの高級車を所持することに対する世間からの風当たりは強く、排気量や燃費などの面において決して優れているわけではないこともあり、ハイブリッドカーなどに代替されるケースも増えている。

センチュリーを高く売るのに有益な様々な方法