トヨタ アリスト 買い取り・査定情報

アリストの車種画像
最高売却価格
85万円
買い取り価格相場(平均)
43.3万円
オンライン見積り時間
最短30秒
査定業者数
30社

オススメの査定業者! カーセンサー

紹介査定業者数が業界No1の2000社以上

メールのみの連絡を希望できる

最大30社に査定依頼できるから高額査定がでる

アリストを高く売るやり方の目次

アリストの査定で高い価格で売るやり方

アリストを高く売りたい方は下の3つのポイントを参考にしてみてください。

意外とディラーでの下取りをしてしまったり、、、一社のみの査定でアリストを売ってしまったりと勿体無いことをする方が多いです。
ちょっと下の3つを気を付けるだけで、10万円以上も売り値が変わるのにもったいないなーと思います。

でも下の3つの方法を達成するために楽な方法を取りたいですよね。
楽な方法は、インターネット上のサービスを使って、30秒ほどの入力で最大10社ほどから貴方のアリストへの査定額が届くというもの。

ポイントは簡単で3つです。

高く売るための方法

  • ディーラーでの下取りをしないこと
  • 近くの買取店や1業者だけの見積もりで売却しないこと
  • 複数から見積をもらい、その中から1番高い買取業者に売ること

たったこの3点を守るだけで、アリストの査定価格はグーンとアップします。
簡単なことなので、ぜひやってくださいね。

インターネット上のサービスのことを『一括無料査定サービス』といいます。

これを利用すると簡単、楽に貴方の愛車の価値を知れ、それを元にディラーと交渉しても良いでしょうし、近くの買取店に相談しても良いと思います。
ただ、そんなことをしなくても、一括無料査定サービスで届いたアリストの査定額の中から1番高い価格を提示している買取専門店に売却すれば、それだけで、何もしない時と比べて10万円以上も違ってくると思いますよ。

  • メーカー名:トヨタ
  • 車種タイプ:セダン
  • 車種名:アリスト

入力する時に不明な点は、不明としておけばOKですよ。
一度入力してみてください。それで送信するだけで、しばらく待っているとメール等で大体の査定額が届きます。
希望する方は、それからアリストの訪問査定へと進んで買取金額が気に入れば売却となってお金をゲットです。

セダンタイプにオススメの一括無料査定サイトのランキング

  • 相場を知りたい!
  • 愛車の本当の買取価格を知りたい!
  • 高く売りたい!

このような思いを抱いているアリストを乗られている皆さんにぜひオススメしたい一括査定サービスのサイトのランキングです♪
車の買取に関する全体の買取ランキングを見たい方は左のリンクよりどうぞ

一括買取査定サービスに申し込んだら、その間に貴方の愛車の状態をより良くしときましょう!査定額アップ間違いなしですよ

カーセンサー

最大30社に一括査定を依頼することができます。貴方の愛車をより高く売るにはカーセンサーが断然オススメですね!査定を依頼する時の入力も非常にかんたんなので、手軽に利用できる点もGOODです。お住まいの住所を入力すれば、近くにある買取可能な買取業者に査定を依頼できます。また全国の買取りにも対応しており、外車もOKです。取り敢えず利用しておきたい一括査定サービスです。

楽天オート

楽天ユーザーには嬉しいのが、査定を利用することで『楽天ポイント』を得ることができます。依頼できる買取業者はどこも大手と安心できますし、高額査定も多く出ているためおすすめです。

ズバット車買取比較

ズバット車買取の最大の特徴は、一括査定を申し込む前に自分の車の相場が分かる。ということです。いくらくらいで売れるのかな?と興味本位で知りたい方は、こちらを使いましょう。更にあなたの車の状態を見てもらい査定額を知りたいなら無料の一括査定に申し込むだけです。申し込み前に「売りたい車種の相場」と「何月に高く売れるか?の将来の相場推移」が見れます。

最近のアリストの相場価格

最近のアリストの買取金額を一覧にまとめてみました。こちらの情報である程度貴方の愛車がいくらで売れるのか?わかってくると思います。 アリストの買取相場価格を参考までにご覧下さい。

大まかなアリストの相場価格はコチラ ↓ ↓
43.3万円
※走行距離や車の状態に大きく左右されますので参考程度に。

それでは最新のアリスト相場一覧表をご覧下さい。
下記から貴方の愛車と一致しそうな状態のものを見つけておおよその価格を得てください。

トヨタのアリストの良い所と悪い所のまとめ

アリストの良い所、悪い所を再確認しよう!アリストの購入を検討している方や、手放そうかな?新しい車の購入に伴い売却しようかな?と考えている人に参考になるように、アリストの良い点・悪い点をまとめてみました!購入や売却の参考にしてください。

新しい車の購入に伴い、売却の場合は下取りではなく、上でオススメしている一括無料査定サービスを一度利用して貴方の愛車アリストの本当の売値を知りましょう

2003年S300 65万円 80000~85000
2000年V300ベルテックスエディション 25万円 65000~70000
1998年 23.8万円 60000~65000
1999年 12万円 10000~110000
1996年 3.5万円 140000~150000

車を高く売りたいなら無料一括査定を試してみよう!

私が車を売る際、複数の買取会社に査定依頼をお願いしましたが、
一番高い会社と一番低い会社の差が20万円以上にもなりました。
これだけの差が出るのですから見積りは多くの会社に依頼し、比較するべきです。

一括査定のカーセンサー

私が利用したのはカーセンサー。
無料都道府県別に複数の会社に査定依頼をすることが出来ます。

手続きも3分で完了!
自宅にいながら手軽に一括査定、比較・検討ができるのでおすすめですよ!

車の売却・査定・下取りが初めての方へ!車を高く売るための重要なコツ、チェックポイントを紹介

アリストの良い点!購入時に選ぶ上での加点ポイント

外観
  • 時代に左右されない高級感のある上品で落着いた佇まい。
  • ボディが大きく、しっかりとした安定感のあるセダン。
  • ドアや塗装など、細かい部分まで丁寧でしっかりした造り。
室内
  • セダンのためか、室内も広く、落ち着いた空間。
  • 後部座席の足元も、スペースが広めで快適。
  • 純正のカーオーディオ。高級車としての品格に見合ったオーディオでとにかく音に感動。
  • コスト削減と言われ続ける現在と違い、お金をかけてきちんとした良い物を製造していた時代背景も有り。
価格
  • 新車としては、1997年~2004年まで販売。販売価格は当時、約360万円前後~550万円(消費税込)前後で結構高額。
走行性
  • 加速性能が素晴らしい。
  • 直列6気筒ツインターボが速い。
  • スポーツカーのように速度を出してもブレることなく、安定走行。
  • 運動機能の良さと、高級感あるボディで新車販売終了後の現在も人気。
  • さすがレクサスブランドGSの前身(初代、2代代目)で、スピードをかなり出しても穏やで安定走行。かなりの高速走行でも気づかないほど。
  • 中古でも交換部品が多い。
乗り心地
  • ゆったりとして、静かで穏やかな乗り心地。
  • しっかりした走りとスピード感。
  • ずっと乗り続けたいと思わせる車。

総評

  • アリストは(ARISTO)1991年~2004に製造販売。現在は生産終了。それでも根強い人気の車。 特にスピード面で評価が高く、加速した時のスピード感の気持ちよさと、落ち着いた走りに定評有り。 車を乗り物として利用すると言うより、自分の足として愛する方にとっては、たまらない存在の車と言える。

アリストの悪い点!購入時に選ぶ上での減点ポイント

外観
  • 車体が大きく、重い。
  • 車体が大きいので、駐車する時や狭い道路などを走る時には苦労する。
燃費
  • 8.8~9.4km/!と燃費は余り良くない。
  • セダンの中でも少し大型で重量もあり、最新の車種でないこともあり、燃費は悪い。
経済性
  • 維持費が高い
  • 発売から年数を重ねて来たので、部品代や維持費などにお金がかかる。
  • 特に燃費や保険代、車検等の費用が高い。
走行性
  • ブレーキが弱い。
  • ブレーキの性能が弱く、制動距離が長いように感じる。
  • スピード性能が良い分だけ、要注意。

総評

  • 既に新車の販売は終了しているため、燃費が悪く、メンテナンスの場合は部品代も高い所が難点。 維持費が高く、特に燃費も含め、車検や保険代、税金など高額に感じる点。 スピード感が素晴らしいのに、ブレーキの性能が弱いので、きちんとしたメンテナンスが必要。

アリストのカタログ・スペック情報

アリストのカタログ、スペック表になります。

アリストのスペック表
車種名アリストメーカートヨタ
車種グレードS300車両本体価格366
ボディ形状中大型セダンドア数4
駆動方法FR車両型式JZS160
全長×全幅×全高(mm)4805×1800×1435室内長×室内幅×室内高(mm)1975×1550×1180
ホイールベース(mm)2800トレッド前・後(mm)1535/1515
トランスミッション4AT最小回転半径(m)5.5
車両重量(kg)1610乗車定員(名)5
総排気量(cc)2997使用燃料プレミアムガソリン
最高出力(ネット PS/rpm)230/6000燃料タンク容量(L)75
燃料消費率(km/L)9.4タイヤサイズ(前・後)215/60R16・215/60R16

アリストの雑学!車の由来・意味・歴史

アリストはかつてトヨタ自動車が販売していた高級セダンである。国外ではレクサスの上位互換モデル「GS」として販売されていたが日本国内では仕様変更に伴い、アリストの呼称を与えられた。その名前の由来は英語で「最上の」といった意味の接頭語である。「貴族」(aristocracy)という単語の前半部にも用いられている。

アリストはトヨタ自動車の高級セダン戦略の根幹を担う車種であった。販売開始時期の1990年代にはターボモデルが普及していたため、アリストにもこの機構が搭載され、最速のセダンとして親しまれた。

初代アリストはクラウンマジェスタの構造をベースに、ジャガーのデザインを取り込むことで開発が進められた。1997年に発表された二代目からはイモビライザー(いわゆる盗難防止装置)が標準搭載され、車体の重量配分が繊細に設定されるなど、セダンとしての完成度が高められた。

盗人も喜ぶ高級車アリスト

アリストは高級セダンという立ち位置にも関わらず盗難防止システムの標準装備化が遅れたため、販売当初は盗難の被害が後を絶たなかった。また、最速のセダンの呼び声が速度違反者を頻発させる事態となるなど、ステータスに反して社会的なイメージをダウンさせる要素も少なくなかったとされる。

アリストを高く売るのに有益な様々な方法