貴方の愛車<アリオン>の相場、本当の売値を知る!
無料で査定♪かんたん入力でスグに知れる。

カーセンサーでアリオンを査定

アリオンを高く売るやり方の目次

アリオンの査定で高い価格で売るやり方

アリオンを売ろうと思っている方へ。より高い値段で買い取ってほしくありませんか? そのような方に知ってほしいやり方をご紹介したいと思います。 まずは、下のポイントを3つ御覧ください。

ポイントは簡単で3つです。

3つのポイントで高くアリオンを売る

たったこの3点を守るだけで、アリオンの査定価格はグーンとアップします。
簡単なことなので、ぜひやってくださいね。

この3つを満たすようにするには、近所の車買取店をひたすら往復する必要があります。
やってみると分かりますが、すごく大変です(笑
でもアリオンの買取価格は、始めの提示金額から10万円以上もしくはそれ以上に高く値が付いていると思います。

しかし、『楽に』高い価格で売りたいですよね。
そのような方はこの方法を試してくださいね。私もこっち派です♪だって交渉や往復して値段を釣り上げるのってとっても大変じゃないですか。

知っている方もいるかも知れませんが、一括無料査定サービスを利用します。
これでアリオンを簡単に高く売れちゃうのです♪

ただ、アリオンの相場を知りたいな。現状の価値ってどれくらいなのかな?という方も一度利用してみると面白いですよ(^^)
入力情報は↓

  • メーカー名:トヨタ
  • 車種タイプ:セダン
  • 車種名:アリオン

本当に少しのアリオンの情報を入力するだけで買取価格が知れちゃいます。
楽ちんです♪ 新車で買ったアリオンが今3年目だけどどれくらいの価値になったのかな~?と疑問に思っちゃいますよね!
私結構気になるタイプで暇な時に見たりしてます。

もちろん相場を知るだけじゃなくて高く売りたい!という方にこそ利用してほしいサービスなんですけどね。
サービスに入力した後は、複数の買取専門店からの査定額の中から1番高い値段のところに決めれば、簡単に楽に高い価格で売ることができます。
アリオンを高く売りたいなら利用してみましょう。

セダンタイプにオススメの一括無料査定サイトのランキング

アリオン相場を知りたい!
愛車の本当の買取価格を知りたい!
高く売りたい!

このような思いを抱いているアリオンを乗られている皆さんにぜひオススメしたい一括査定サービスのサイトのランキングです♪
車の買取に関する全体の買取ランキングを見たい方は左のリンクよりどうぞ

カーセンサー

査定サービスのランキング1位カーセンサー
ランキング1位のカーセンサーでアリオンを高く売る

最大30社もの買取専門店から見積りを貰えるカーセンサー。査定業者同士が、勝手にアリオンの査定価格を吊り上げてくれるから交渉せずに高額買取が可能♪

カーセンサーの詳細や特徴を更に見たい方へ

カービュー

ランキング2位のカービュー
ランキング インしたカービューでアリオンの現在の価値を見よう♪

信頼できる一括無料査定サイトのカービュー。200万人を超える実績のあるサービス。買取サービスって心配。不安。ちょっと今のアリオンの相場を見たい。という方にオススメ

カービューの詳細や特徴を更に見たい方へ

楽天オート

査定サービスのランキング3位楽天車査定
楽天オートでアリオンの買取価格をチェック!今ならポイント貰える

楽天オートでカンタンに車の査定♪今なら3000ポイント貰えるキャンペーン中

楽天車査定の詳細や特徴を更に見たい方へ

一括買取査定サービスに申し込んだら、その間に貴方の愛車の状態をより良くしときましょう!査定額アップ間違いなしですよ

最近のアリオンの相場価格

最近のアリオンの買取金額を一覧にまとめてみました。こちらの情報である程度貴方の愛車がいくらで売れるのか?わかってくると思います。 アリオンの買取相場価格を参考までにご覧下さい。

大まかなアリオンの相場価格はコチラ ↓ ↓
4.2万円~136.9万円
かなり幅がありますが、走行距離や車の状態に大きく左右されるためこのような結果に。

それでは最新のアリオン相場一覧表をご覧下さい。
下記から貴方の愛車と一致しそうな状態のものを見つけておおよその価格を得てください。

トヨタのアリオンの良い所と悪い所のまとめ

アリオンの良い所、悪い所を再確認しよう!アリオンの購入を検討している方や、手放そうかな?新しい車の購入に伴い売却しようかな?と考えている人に参考になるように、アリオンの良い点・悪い点をまとめてみました!購入や売却の参考にしてください。

新しい車の購入に伴い、売却の場合は下取りではなく、上でオススメしている一括無料査定サービスを一度利用して貴方の愛車アリオンの本当の売値を知りましょう

アリオンの良い点!購入時に選ぶ上での加点ポイント

外観
  • コンパクトなボディデザイン。セダンの割にはコンパクトで、小回りがきくので便利。
  • 初心者、女性、年齢が上の方にとっては比較的運転しやすい。
  • 街中の狭い道路、すれ違い、省スペースの駐車場利用の場合には快適運転。
  • 落ち着いたデザインとカラー
  • 高級感がある落着いた感じのボディデザインとカラーのラインナップ。
室内
  • 内装も価格の割に高級感があり上品。
  • 広い室内とラゲージスペースは、荷物が多い時にとても便利。
  • シートをチェンジ可能。
  • 室内を有効活用すれば、体を伸ばして休むこともできるので、遠出の時など大活躍。
  • 釣りやバーベキューなど、アウトドアを好む方に便利。
価格
  • 新車販売価格は、170.0万円~268.0万円(消費税込)
  • エンジンが1.8Lの4WDタイプと1.5L、1.8L、2.0Lの2WDタイプが有り、グレードによって価格が相違。
燃費
  • 燃費は約14.8~18.2km/!、セダンの割には燃費が良い。
走行性
  • 静粛性が高く、ゆったりと安定感のある走り。
乗り心地
  • 静かで穏やかな乗り心地。
  • 長距離でも疲れることなく快適。
  • シートチェンジでリラックス。
装備
  • 衝突対策装備。
  • 万一の事故に備え、衝突時の安全を追求。
  • 衝撃吸収ボディと強度の高いキャビンによる衝突安全ボディを使用し、重量車両との衝突も全方位対策OK。
  • 歩行者保護のための装備。
  • 万一の人身事故の時に歩行者を守るため、ボンネットやバンパー、フェンダーの部分に衝撃吸収構造を採用。
  • 衝突時の衝撃を吸収し、歩行者の頭部や脚部の怪我を軽減するよう配慮。

○高級感のあるボディと内装のデザインが価格の割には上質で魅力的。
ボディデザインが購入の決め手になったケースが多い。
セダンでありながら、小回りがきくサイズ。狭い道路も楽に走れる所が魅力。
燃費もよく、後部座席のシートの使い方次第で多様に広く使用できる所が便利。
年齢や男女に関係なく選ばれる車。

アリオンの悪い点!購入時に選ぶ上での減点ポイント

室内
  • 座席が高くて不便。
  • 小さな子ども、お年寄り、体格ががっしりした方などは、乗り降り時に負担を感じること有り。
  • デザインが無難。もう少し個性的なデザインでもよい気がする。
  • リヤシートが薄く、固い感触。もっとしっかりしていると安心。
燃費
  • 燃費は思ったほど良くない場合も有り。特に冬場ヒーター使用時や街中走行時には燃費が悪い。
走行性
  • エンジン始動音。
  • エンジンをかけた時の音が大きく、最初はけっこう気になる。
  • 特に高回転になった場合、騒音が大きい。
  • 1.5Lエンジンのパワー不足。
  • 特に上り坂や高速利用時、1.5Lはパワー不足。スピードを出したい時には不満。

×実際乗車してみるとエンジン音が気になる。
始動時のエンジン状態にも違和感を持つケース有り。
思ったほど燃費も凄くいいわけではなく、冬場や街中で混雑時にはけっこう燃費悪い場合有り。
座席が高めで、高齢の方や子供、また体格ががっしりした方には、乗り降りしづらい。

アリオンのカタログ・スペック情報

アリオンのカタログ、スペック表になります。

アリオンのスペック表
車種名アリオンメーカートヨタ
車種グレードA15車両本体価格161
ボディ形状小型セダンドア数4
駆動方法FF車両型式NZT260
全長×全幅×全高(mm)4565×1695×1475室内長×室内幅×室内高(mm)2055×1450×1205
ホイールベース(mm)2700トレッド前・後(mm)1480/1460
トランスミッションCVT最小回転半径(m)5.3
車両重量(kg)1200乗車定員(名)5
総排気量(cc)1496使用燃料レギュラーガソリン
最高出力(ネット PS/rpm)110/6000燃料タンク容量(L)60
燃料消費率(km/L)20タイヤサイズ(前・後)185/70R14・185/70R14

アリオンの雑学!車の由来・意味・歴史

アリオンはトヨタ自動車が製造する乗用車である。車種としてはノッチバック(キャビンとトランクが形状として明確に区分できる)式のセダンである。車名の由来は『All in one』の頭文字を取り、Allion(アリオン)である。

本来はカリーナの後継車種として開発が進められており、室内の広さを前面に押し出しつつもセダンとしては異例の快適性に特化したシート機構が持ち味である。それらはタクシー業界との親和性が高く、地方では実際にアリオンがタクシーとして導入された事例もある。

初代アリオンは2001年頃に販売開始となっている。姉妹車のポジションにあるプレミオが年配向けのスタイルであるのに対し、アリオンはスポーティさを特徴とした。特別仕様車もいくつか発表されているが、これらは高級感を高めたものが多い。

フルモデルチェンジを経て発売された二代目アリオンはより室内空間を広く設計されており、それでいて更にスポーティさに磨きのかかったデザインが特徴である。この代では主に燃費の良さや快適性に重きを置いたマイナーチェンジが繰り返された。

資産としてのアリオン

本来アリオンは日本国内専用車として生産・販売されているが海外市場では乗用車を資産として取り扱う向きも強く、プレミオなどと共にロシアや東南アジア(シンガポール、マレーシア)、あるいはオセアニア(オーストラリアやニュージーランド)に多く輸出されている。

アリオンを高く売るのに有益な様々な方法