中古車買い取り業者による車の買い取りの増加に伴ってトラブルも増えています。インターネットでの一括査定など車を売るのが便利になっている反面、悪質な業者も参入してきていますし、そうではない昔からの業者でも、利潤をかせごうと焦るあまりトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

車売却時のトラブルが多い

悪質な業者

車の売却で多いトラブルは、契約に関するものです。契約後に、例えば家族に反対された、あとからもっと高く買い取ってくれる業者が見つかった、などの理由でキャンセルをしたいがキャンセルに応じてくれなかったり、高額のキャンセル料を請求されたりするものです。

これについては、車を売るということは家族にとっても大きなことなので、あらかじめ家族とも相談しておくことが必要です。

また、あとから別の業者に売りたくなったということがないように、車を売ることを決めたら複数の会社に無料査定してもらって売り先をリストアップしておきましょう。

キャンセル自体に関しては、クーリングオフは中古車売買にも適用されるので、トラブルになりそうであれば消費者生活センターなどに相談しましょう。

一括査定サービスでのトラブル

悪質な業者

インターネットで複数の業者に査定見積りを簡単に依頼できる一括査定サービスは大変便利なものですが、メールでの査定額が他社よりはるかに高い金額の業者は疑ってかかった方がよさそうです。

実際に出張査定してもらうとどんどん減額されて、初めの金額よりもかなり安くなったということもあります。

メールでの査定額で業者を決めてしまうのはかなり危険です。出張査定も必ず複数の業者に申し込んで実際の査定額を比較するべきです。

ひどい例では、詳しく査定するからと車を持って行かれて、そのまま車を返してくれないというものもあります。基本的には出張査定で全ての査定ができるはずですから、車の引き渡しは慎重に行なうべきです。
買い取り金額が契約後に減額されて支払われたという例もあります。

これらに対しては、できれば代金が支払われてから車を渡す、あるいは少なくとも車検証などの法的な書類だけでも料金がきちんと支払われてから渡すようにするとよいでしょう。 このようなことは契約時によく確認しておきましょう。

また、売買契約書は必ず受け取って内容を確認しましょう。実は売買契約書を作成しない業者もいます。契約書がないと後々のトラブルにつながりますので、そのような業者は避けるべきです。

出張査定のトラブル

出張査定についても、査定にきた業者が売ってくれるまで帰らないで契約をしつこくせまる、という例も少なくありません。これは業者が悪質であるなどの他にも、安く売ってくれそうな客だと思われてしまったという要因もあります。
車を売る気がないならば、やはり毅然とした態度で断ることが重要です。さらには事前にICレコーダーなどで交渉の会話を録音しておくといざというときの証拠になります。

悪い買取業者に当たらないために

長い付き合いがある信用できる業者がいればよいのですが、ほとんどの人は車を売る経験が豊富ではないでしょう。一括査定サービスを利用する場合でも、そのサービスに加盟している業者が信頼できるところかどうかはネットなどでよく調べておきましょう。一括査定サービスにはできれば自宅の電話番号を入力しないでおくと、悪質な業者からしつこく電話がかかってくるようなことを避けることができます。